So-net無料ブログ作成
検索選択

8/30集会に行きました! [世の中]

春から今まで仕事や手術で、ネットを見ながら世の中の動きにハラハラ、イライラしていました。
8/30運動のことを知っても、東京は遠いし、身体は本調子ではないし、参加は諦めムードだったのですが、幸い家の近くで集会があることを知り、エイっと参加してきました。

どうせならということで、フィリピン語と日本語混じりのプラカードを作りました。素材は在籍大学有志の会のFBよりいただきました。

IMG_1966 (1).jpg

kapayapaan=平和、ang=は、hinahangad=望んでいるもの、natin=私たちの、
at=and、hindi=not、kaawayan=喧嘩、争い

このプラカード、けっこう気に入ったのです。
絵も文も優しいし、まず誰も持っていないだろうから目立つし(^ ^)。
予想通り目立ったようで、4人くらい写真撮影を希望されました。
おまわりさんもなぜか私が関係者だと勘違いしたようで、「近所の塾から騒音の苦情が入ってきているけれど・・・」と相談されたり。
塾に声が向かないように開始前に本部の向きを変えたことを説明したり、たぶん賛成派だと思うのですが近くの見えないところで大きな音で音楽をかけているので、「あの音があるので聞こえにくいから音量下げられないようで・・・」と頼んでストップさせてもらったり。世慣れたおばさんの役割をしてしまいました(⌒-⌒; )。

IMG_1967.jpg

地方の小さな集会でしたが参加者は350人くらい。前回も来たという方とお話しすると、かなり増えているようでした。
集会にどれだけの効果があるのかはわかりませんが、大人である以上、今後も意思表示は続けたいと思います。

ツイッターなどで時々話題になっていますが、これにゼネストが加わったりすると効果大だと思うのですが、いまの経済界を見ると望み薄ですね(ちょっと前に連合支部に電話しましたが、とても歯切れが悪かったです)。

それでも、問題意識を共有している人を実際にたくさん見ることができて、心強い夕べでした。



フィリピン行けるのかなあ?? [日本語教師になる?]

ごぶさたしています。
その後いろいろありましたが、目標に向かって進んでいるような、かと思えば堂々巡りをしているような、すっきりしない日々が続いております。

<進んだこと>
・5月から7月まで1時間×週2回、スカイプでフィリピン在住の日本語学習者に日本語レッスンをしました。教師経験はゼロだったし、これまで適性があると想像したこともなく、最初はレッスンが終わると冷や汗びっしょりでした。でも、慣れてくるにつれて「もしかして、日本語を教えるのって楽しい?」と感じ始めました。もちろん準備はたいへんだし、楽しくわかりやすく伝えるにはまだ技術不足なのですが、もしかしたらやっていけるかな?という光が見えた気がします。

・以前少し書きましたが、7月末に腰の手術を受けました
日常生活はできていたし、職場の人には誰にも気づかれていないくらいだったのですが、痛みと脱力が続くため、海外生活に備えてと、どうせ手術するなら1歳でも若い方が良いだろうと、自分から希望して手術に踏み切りました。
主治医は「椎間1カ所だけですから(軽い、軽い)・・・」という雰囲気だったので軽く考えていたのですが、やっぱりそれなりにたいへんで、2週間ちょっとで退院した後も痛みやだるさが続き、1カ月たったいまになってやっと調子が戻ってきました。
ともあれ、1年以上悩んだ症状はなくなり、あとは時間をかけて回復するのを待っている状態です。

<足踏み状態>
・5月にフィリピンまで下見にまで行った内定先ですが、いまになって赴任が微妙になってきました。もともとNGO+αの零細組織で、経営者が営利的でなくボランティア感覚があるところが気に入っていたのですが、零細さが裏目に出た感じです。
私に引き継ぐ予定だった前任者が家庭の都合で急遽帰国し、私は仕事の契約と手術のために渡比できず空白期間ができてしまいました。経営者と奥さん(フィリピン人ですが、日本に留学経験あり日本語堪能)で空白期間をつなぐという話だったのに、いつの間にか現地で新しい先生を雇用していて、私は私の資格を活かした専門性の高いクラスを担当するということになってしまいました(知らないうちに(⌒-⌒; ))。そのクラスの開講がまだメドが立たないようです。

約束したことが急に変わり、その上不確定なのでちょっと信用できなくなり、いろいろ考えた末、新しい就職口に応募しました。身体の都合上、来月中旬に日本で面接予定です。10月から行く覚悟を決めていただけになんだか脱力してしまいました。なお、もし採用してもらったら、系列の日本校で半年ほど研修があるので、ほぼ未経験の私にとってはありがたいかもしれません。

安定性から言えば、国際交流基金など公的機関の募集が確実なのですが、赴任中一時帰国ができなかったり融通が利かない点があります。ASEANでの教師募集は現首相の肝いり企画だったりして、それに乗るのもなんだか気が進みません。懲りずに民間の口を探してみようと思います。

・5月から仕事とスカイプレッスンで慌ただしく、手術後はなかなか集中力が出ず、勉強量がぐっと落ちています。不器用でわりと一点集中型なのに、英語、日本語教育学、フィリピン語の3つも勉強しなくてはならない羽目に陥り(自業自得ですが)、気ばかり焦ってしまいます。
ようやく体調が戻りつつあるので、英語のリスニングから再開しました。フィリピン英語そのものはやや訛りがあり本格的な英語圏とはちょっと違うのですが、フィリピンで上映されているハリウッド映画には吹き替えも字幕もないということで、フィリピン人(とくに高等教育を受けた方)の英語リスニング力はすごいようです。
それとは別に、日本のメディアがますます信頼できなくなっているいま、ニュースの動画を見てもっと内容を取れるようになりたいという気持ちもあります。そろそろ第一目的のフィリピン語の勉強も再開しなくては・・・。

そんなこんなで、迷走気味の日々を送っています。とりあえず9月はこれまでの非常勤先で軽く働きながら、フィリピンでの就職先を探すということになりそうです。先の見えない日々に戸惑いも感じますが、まあなんとかなっていくだろうという気持ちもあります。

とりあえず、簡単に近況報告でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。