So-net無料ブログ作成
検索選択

時々ものすごい間違いをするのはなぜか? [留学計画]

最近、フィリピン語nativeのL先生とメールのやり取りする機会が増えています。
1年ほど前から課題をメールで提出する時に、自由ピノ作文の練習を兼ねて末尾に2〜3行、近況や感想を書いてきました。最近はそれが何となくメールのやり取りに発展するようになりました。

L先生は任期満了で3月いっぱいで帰国されるのですが、最後の授業で一人ひとりの学生にお手紙をくださいました(もう涙、涙・・・)。そのレスポンスをしたり。留学について相談したり(家庭崩壊??しないか、危ぶんでくださっています(笑))。

また、実は私は4月上旬に短期間のマニラ旅行を計画しているのですが(子どもと二人で)、先生が大学や街を案内してくださるそうで、その業務連絡もあったりします。そんなこんなで、ピノ語と英語半々のメールをやり取りする機会が増えています。

で、ここからが本題なのですが、時々、ものすごく初歩的な間違いをしてしまうのですよ〜。L先生はとても優しいので課題以外の部分の間違いは基本的に指摘されませんが、自分で読み返したり、思い返したりしてハッと気づくのです。気づかないものも含めるときっとすごい数でしょうね。

この前書いてしまった、ひどい間違いがこれです。
Ito po si totoong pakiramdam at isip ko.
ito:これが po:敬語 si:英語でいうbe動詞のようなもの totoo(ng):本当の pakiramdam:感情 isip:考え ko:私の(英語のmyですね)

つまり「これが私の本当の感情と考え方です」と書きたかったのです。
ところがこれが、1年前期レベルの初歩的な間違いだったのです(ああ〜、恥ずかしい)。

続きを読む


あれも、これもと気ばかりはやり・・・ [留学計画]

さて、今日は肝心のフィリピン語の勉強についてちょっと書いてみます。
とは言え、明日も仕事なので、そうですねえ、今日のブログ書きは「30分以内で書けるところまで」ということにしておきます。

なぜか大好きになってしまった(本当に予想外!)フィリピン語。したいことはいくらでもあります。そのなかで「いつ」「何を」「どこまで」するのかを決めるのは本当に難しいものです。学期中は小テストと課題がテンコ盛りで、「何をしよう?」と悩むヒマがないという、良いような少々苦しいような日々だったのですが、それがすべてなくなってしまった今後、どう勉強するかは自分の腕に?かかっています。

いまのところ・・・
語学教材の○ゼッ○・○ト○ン:これけっこういいのですよ〜。英語での反省(長年勉強してきたのに、身についていない!)を踏まえて、耳と口を鍛えようと1年生の夏から続けています。とは言うものの、上に書いたように学期中はそれどころではないので、長期休暇の時に集中的にする感じかな。ピノ語のネット教材と言えばこれしか存在しなかったので、迷う余地が全くありませんでした。さすが超マイナー語!!ネイティブの先生(主にアメリカに住んでいる方3〜4人がアルバイト的にされている感じです)とのレッスンが特にいいですね!ドキドキするのですが・・・。最近よく出会う先生は親切に察してくださるので、教材そっちのけで思いっきりbroken Filipinoで雑談したりもします(どこまで通じているのだろう???)。

・教科書の復習:これはやっぱり基本なのではずせません!特に、通っている大学出版会発行の会話中心の本は、忘れていることや「難しいからと飛ばした」ことがいっぱいあって、1年前期のページを開いても、「あれ?この前間違えたところじゃん」というような箇所がけっこうみつかります。

・リアルで会話の先生をゲットする!!:これはまだできていません。大学の先生の言でも、近くの「国際交流センター」みたいなところで尋ねても答えは同じ。「教会に行きなさい!」。そう、国民の9割方がキリスト教信者であるフィリピン人。特にカトリックの教会に日曜日に集まるのです。学期中は忙しすぎてそんな余裕なく先週から探し始めましたが、一番アクセスの良い教会は日頃は無人で留守電ばかり。どうも日曜でないと話が進まないようです。ミサの終わったころを見計らって(いつだ?)電話をしてみましょう。

・頻出単語を覚える!:もちろんこれも英語を始めとするメジャー語のように整ってはいません。おもしろいのですよ〜。フィリピンの恋愛小説(ハーレクインみたいなの?)50冊から頻度順に拾い上げた2000語というプリントをいただきました。惚れたはれた関連の単語が多いのかと思いきや・・・ごく普通の単語が並んでいます。文章を読みながら単語帳を使って両方で覚えたいので、頻度順のものをアバカダ(ピノ語のアルファベットです)順に並べ直して、マイ単語帳の制作に取りかかったところです。

・絵本を読む:先生からいただいたりコピーした絵本が数冊あります。これを読んで教科書や単語帳(まだ「ア」ですが)も使いながら、精読と多読をする予定。けっこういい絵本ありますよ☆ワクワク☆

・sanaysay(サナイサイ=エッセー)や「童話の翻訳」を添削してもらう。:2年間お世話になりまくったnativeの先生が交代で国に帰られるのですが、「メールで送ったらいつでも添削してあげる」という約束をいただきました。やったー!!まだまともなものを書く実力ではないはずですが、ピノ語作文は大好きです。学期中は「お題」が出てのsanaysayばかりだったのですがちょっと趣向を変えて、子どもが小さかった時に読んだ絵本「十二支のはじまり」のピノ語訳に挑戦開始。

あっ、もう30分になってしまいました。これを仕事の空き時間、勉強時間、子どもがいる週末の時間など、時間の量と質によって振り分けて進めていこうかと考えています。中途半端ですが今日はこのへんで失礼します。

うわっ、1年以上たってしまいました!! [留学計画・はじめに]

こんにちは。アラフィフ外語生の「まい」です。
「ブログ冬眠してるなあ〜」と週に1回くらい気になりながら、長〜い月日がたってしまいました。気まぐれブログ主で、本当に申し訳ありません<(_ _)>。

大学は何とか順調に?進み、いまは2年生の春休みに入ったところです。単位は・・・たぶん取れていると思うのですが・・・発表はもうちょっと先です。

更新できなかった(しなかった)理由をいくつか挙げておきます。
1. So-net ブログに入るIDとPWがわからなくなった(^^;)。どこの引き出しにメモがあるかはだいたいわかっていたのですが、何となく探す気力が出ず。(あ〜、いい加減だ、ごめんなさい)
2. 参院選後の世の中があまりにも・・・で、言葉を失っていた。
3. FBとツイッターで簡単に発信できる状況に慣れてしまった。
4. 「ブログ書くヒマがあったらピノ語(フィリピン語)をしたい」と思う日々だった。

4に書いたように、マイナー言語のなかでももしかして「超」がつく、というフィリピン語に、はまってしまったのですよー。ハイ、どっぷりと・・・。2年間、毎週5コマの曝露はやはり強烈でした。nativeの先生の授業がとっても魅力的で・・・。

本来、私は「日本語専攻」なのでピノ語とは基本的に2年(つまり今の時期)で「さようなら」して、日本語に入るのですが、気持ち的にそれができなくなってしまいました。2年間5コマと言っても、日本で、主に紙の上での勉強ですので、会話できるレベル、使えるレベルにはまだまだほど遠いのです。ここまで頑張ってきたピノ語をやめられなくなってしまいました。というか、もっとちゃんと習得したい!難しくない文学作品ならば読めるようになりたいと思うようになって・・・・。

頭がヘンになるほど悩んで悩んで出した結論は・・・「1年間休学して日・比で必要な資金を貯めて来年留学する」・・・という、何ともぶっ飛んだものになりました。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。