So-net無料ブログ作成

これはビックリ!けっこう執筆進む [若者の中に一人]

さて、明日は何ヶ月ぶりかの、子どもがいない休日です。前の記事で、10月から始まった後期では一般教養科目が並んだ水曜日をムリヤリ休日にして、毎週仕事をしていると書きました。確かに必修科目はないのですが、水曜を休日にしたばっかりに、一般教養で一番興味があった「北欧事情」を選択できず、「国際教養」という区分で選べる科目が非常に限られました。

数少ない選択肢のなかから私が選んだのが「トルコ学入門」です。この科目は単位が取りにくいことで有名で、担当はトルコ語の教官(日本人)なのですが、肝心のトルコ語専攻学生が一人しか選択していないという変わった現象が起こっています。だいたいの一般教養科目はレポートor期末試験か、レポート+期末試験の場合はレポートはかなり軽めなのですが、「トルコ」はレポート+期末試験でどちらも重量級のようです。そのレポートはトルコの文化遺産を一つ選んで4000字程度でまとめるというもので、なぜかワープロ使用が認められていません。12月4日締め切り厳守!で昨年遅れた学生は「もう(授業に)来なくていいです」と言われたとか・・・。そのレポートに集中するために、明日は仕事をオフにしました。

ちなみに私が選んだのはカッパドキアの地下都市です。恥ずかしいことに、受講前の私はトルコぉ〜?・・・「飛んでイスタンブール」ってあったっけ(古い〜)、北杜夫の「怪盗ジバコ」でトプカピ宮殿とかシシカバブってあったなあ〜、バレーの木村選手がトルコのリーグへ行ったのだったっけ・・・という本当にお粗末な知識しかなかったのですが、鬼教官の講義は予想外におもしろくて、講義は!けっこう楽しんでいます。

高校で世界史を履修したものの、その膨大さに早々に挫折してしまい、ほぼ何も身についていませんので、まさにゼロからの出発です。トルコ人と結婚した高橋さんという漫画家さんの「トルコで私も考えた」などを読みながら、トルコに「はまる数歩前」という状態です。

さて問題のレポートですが、ワープロで書いてから手で写すという戦略に出ていますが、書き出すとなぜか調子に乗ってしまい現在5500字でまだ佳境に入りかけというところです。心配になって字数の上限を尋ねてみたのですが「任せます」ということで、上回る分には寛容なようで(本当か?)、明日はワープロで一通り仕上げることを目標としています。

子どもがいるのは楽しいのですが、やはりまだ小学生。遊び相手にされてしまい、芯から休んだ気がしません。というわけで、本当〜〜に久々の「何もない一日」(トルコのレポートや外出する雑用はあるのですが)を控えて、気分がハイになっております。そこでブログの更新をば・・・。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。