So-net無料ブログ作成
検索選択

言葉っておもしろい!かな? [1年生のとき]

フィリピン語のことについては、書きたいことがたくさんあるのですが、週に5コマもあって、事態がドンドン変化するので、ついていくので精一杯でなかなか記事にできません。

今週のフィリピン語はえ〜と、ロングの中間テスト(1時間半、250問くらい)と小テストが3個ありました。どうこう言っても語学は積み重ねですので、まあ仕方ないでしょうね。それにこの年齢ですから、こと私にとっては細かくテストしてもらう方が助かるのかもしれません。一度で覚えきる記憶力、完徹で一夜漬けする体力、どちらにももう自信がありません。

そういう状況ですが、「なるほど、そうだったのか」と「おもしろいなあ〜」ということがありましたので書いてみます。

専攻は日本語ですが、専門の日本語が始まるのは、なんと3年生になってからで、それまではほぼフィリピン語専攻です。なお、日本語専攻は日本語母語者30人、留学生10人からなり、1年、2年生ではその留学生のための日本語があります。でも、留学生たちがすごい!日本語検定1級とやらが受験資格だそうで、みんなもうペラペラのスラスラ。理論的裏づけができているので、半端な日本語話者よりずっと体系的に理解しています。日本人学生こそ、1年からみっちり日本語した方がいいかも・・・。

それはさておき、それではさすがにモチベーションが下がるだろうということで、ある教官は留学生用の講義を日本人学生にも開放して、出席するように勧めています。それと、教養科目でいくつか日本語科目があるので、私は「教養としての日本語」という主任教授の授業をとっています。

先日のその授業でのこと。「日本語にも英語にも動詞の未来形がない」という話をされました。例えば「行く」だったら、この基本形(無標の形態、非過去形)で現在の習慣も未来のことも表し、助動詞をつけて「行った」(有標の形態、過去形)で過去を示しますね。

いままで私は恥ずかしながらそういうことを考えたことがなかったので、「なるほど〜」と感心しました。いえ、ちょっと正確に言えば、受験勉強時に、昔の試験ではほとんど出題されなかったのに、最近の試験でのウエイトの重さに驚いた英作文で、あわてて読んだ参考書にそのようなことを書いてあったことをちらっと思い出しましたが・・・。

「あれっ」と驚いたのは、その時ちょうどフィリピン語で動詞の活用に入ったところだったからです。フィリピン語の動詞には未来形(未然相といいますが)があります!

フィリピン語の動詞は語根(root word)、不定相(standard)、完了相(past)、未完了相(present)、未然相(future)からなり、いろいろな活用の仕方があるようですが、これまでに習ったのは例えば、「食べる」だったら、上の語根からkain(イン)、kumain(クイン)、kumain(クイン)、kumakain(クマイン)、kakain(カイン)のように語根にumが加わるタイプと、「働く」のように語根からtrabaho(トラホ)、magtrabaho(マグトラホ)、nagtrabaho(ナグトラホ)、nagtatrabaho(ナグタトラホ)、magtatrabaho(マグタトラホ)と接頭詞magをつけるものがあります。

いずれにしてもkakainやmagtatrabahoは未来のことを表し、宿題でも「夏休みにしたいことを未然形を使って5文作ってきなさい」なんていうのが出て、何気なく使っていたのです。何も不思議に思わず・・・です。

そうか!日本語や英語にはない動詞の未来形がフィリピン語にはしっかりあるのだー。「だからどうした」と思われるかもしれませんが、日々語学をやっていると、何だかとてもおもしろいことを発見?!したように感じてちょっと感動してしまうのでした。

言葉っていろいろ違っていておもしろいなあ〜と思った、初心者のつぶやきでした。


もっと活躍していただきたかった・・・日隅一雄さん死去 [世の中]

今朝、ネットのニュースに目を通すと、弁護士・ジャーナリストの日隅一雄さん死去の報がありました。数年前から日隅さんのブログの読者でした。日隅さんの関心の広さと示される膨大なデータになかなかついて行けず、難しい記事はあまり理解できず、2年ほど前に買った「マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれのるか」もまだ開いていない不良読者でしたが、民主主義を大切にされ、それを守るために日夜奮闘されていることはひしひしと伝わってきました。

闘病中もブログ、ネット、書籍からの発信を続けられ、ご自身の病状についても希望とユーモアは失わないながらも冷徹に綴っておられました。健康でさえあればこれから10年、20年、定年のないお仕事ですのでそれ以上活躍されたはずなのに・・・と思うと、残念でなりません。

太く短く生き抜かれた人生だったことでしょう。
ブログからの最後の言葉「平和も原発も、長期プランなしに臨んでは、破綻する」を噛みしめています。残った私たちがそれぞれの立場で考え行動しなくてはならないと思います。夏休みには「検証 福島原発事故記者会見」を読み込もうと決心しました。

ご冥福をお祈りします。

課題や近況など [若者の中に一人]

「課題や小テストに追われている」といつも書いているので、実際のところどんなものなのか、今週のassignment memo(宿題メモ)を公開してみます。今週はどちらかというと、大もの課題が少なめの週です。

*************************
<いつもすること>
月5・震災の知 木曜24時までにWeb CTにコメントを入れる
火1・PH1 毎週2課先まで予習、毎週小テストあり
火3・英2 vocabulary noteをきちんと作る(7月にチェックあり)
      サマリーは6月末までに4本を目標
水5・現代社会 月曜24時までにWebCTにコメントを入れる
木2・PH5 毎週小テストあり
金5・スウェーデン語 毎週小テストあり

6/4(月)
・PH2 mag形動詞のテスト
    夏休みの過ごし方(future formで5文)、家族の好きなもの
    前回の宿題を提出する
6/5(火)
・英2 ELTにアクセスする、前回授業ページの例文を調べる

6/6(水)
・東南アジア RP
日本語 6/20までに小課題を提出する(授業時手渡し可)

6/7(木)
・PH4 前接詞を使った文をA4で1〜2枚分作る


期末レポート締め切り
・東南アジア 8/2(木)
・現代社会 8/12(日)

*************************

PHはフィリピン語で、週に5コマ(も)あります。guro(ロ:フィリピン語で「先生」に近いのですが、どちらかというとお師匠さん的なニュアンスです)は日本人2人、ネイティブ2人で、ネイティブのSir L(フィリピン語の教科書では教授にSirを使っていますので)が連続2コマ担当しています。

WebCTは大学独自のネットを使ったツールで、資料のアップ、課題の告知や提出ができます。RPはレスポンス・ペーパー(平たく言えば、出席確認を兼ねた小課題です)。

あたふたしつつも何とかこなしているくらいの量ですし、週末が使える学生さん(ほとんどのサークルは土曜日に活動があるのですが)ならば、もう少し余裕があるのかもしれません。

ところが・・・です。私の場合、6月末まで全部の土日に仕事を入れているので、先行きがかなり不透明になっています(>_<)。

そもそも高齢学生の場合、・それまでにバリバリ働いてたっぷり蓄財がある・退職後の年金生活(年金多め)・遺産が入った・・・・などの余裕のある方々を除いて、自分の甲斐性で経済的問題をクリアしなくてはいけません。もちろん理解と稼ぎのある配偶者に出してもらうのも甲斐性の一つでしょうね。

続きを読む


北欧の税負担についてプレゼンすることになりました [若者の中に一人]

学部1年生なので、語学以外の一般教養も受けています。健康スポーツや理系の基礎教養科目は既習得単位として認定してもらったのですが、「せっかく入学したのだから、興味のある科目はできるだけ受けよう」ということで、必修でない区分の科目もいくつか学んでいます。

前々回に書いたスウェーデン語がその一つですが、もう一つ、基礎セミナーという科目も登録しました。これは、下級生のうちから少人数のゼミに近い形式でディスカッションやプレゼンテーション能力を育てようという趣旨のもののようです。そのあたりは全く得意でなく、いまのところ「人間は寡黙でも中味があればいい」といういささか古風な考え方をしている私ですが、興味を引かれた科目があったので受けることにしました。

基礎セミナーもどっさり(いま数えてみると120以上)あるのですが、私が入ったのは「多文化コミュニケーションセミナー」というもので、一般学生、留学生に高校生まで加わって、社会のさまざまな問題についてグループや全体でのディスカッションする科目です。扱うテーマの候補が・現代の大学生や若者の問題・恋愛結婚のありかたの国際比較・代理出産や体外受精などの生殖補助・就職差別や格差社会など平等やジェンダーにかかわる問題・・・・などで、私自身が直面したり日頃考えているテーマが多かったからです。

いまは格差について扱っているところで、7〜8人のグループでディスカッション、資料作り、プレゼン練習をして、私たちのグループは来週発表予定です。各国の格差について調べる人、ジニ係数の小さい国としてスウェーデンを取り上げる人などがいて、私はスウェーデン事情を紹介する人の後を受けて、北欧の税負担について分担しました。

グループ全体で9分間、一人約1分という短い持ち時間なので、ポイントとなることしか言えず、ドラフトも半分以下に削ったのですが、次のようなものにしました。

<後記>ほんの少し原稿を書き換えたので、新バージョンをアップします。
でも、どこを変えたか自分でもわからないくらいです(笑)。

**************************
●格差是正の重要な対策が、税負担による国民への再分配です。スウェーデンなど北欧諸国と日本の税負担を比べました。

OECDによれば、GDPに対する税負担は日本の20%台に対して、40〜50%です。

所得税と法人税の割合が大きく、日本の2倍以上です。次いで消費税や付加価値税で、日本の3倍近いです。

黄色は資産税などです。

●所得税の最高税率は50〜60%と日本より高率です。累進制も大きく設定されています。

消費税率は22〜25%と高率ですが、スウェーデンでは食料品12%、新聞6%など品目によって税率が軽減されています。

法人税率は日本より低いですが、社会保障拠出金を含めた企業負担は日本と同程度ということです。

投資などで得た利益に対するキャピタル・ゲイン課税は日本より高率になっています。

●北欧の税負担の特徴として、高負担ですがバランスの良い課税システムを目指していると感じました。

「日本でも消費税率を上げることが検討されていますが、消費税だけを上げるのではなく、各種の税をうまく組み合わせ、格差を縮小させるシステムを考えていくことが重要ではないかと思いました」。

******************************
末尾の「・・・」の部分は、時間配分や全体の構成から、次の人に使ってもらうように渡しました。

いつも心の中で「おかしいな」と思ったり、みなさんのブログを読んで共感していることを、少人数の授業という限定された場とはいえ、初めて人前で主張??できることにちょっと感動しているのでした☆

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。